発達障害や心の病気のサポートも評判|興学社高等学院で楽しく学ぼう

面接への準備

ウーマン

面接で聞かれることとは

面接ではなぜ多くのところからこの学校を選んだのか、この場所で学ぶ意欲や力を備えているかを聞かれることが多いです。そのため準備なしで挑めば的確な答えを出すことができず面接官に悪い印象を与えかねないため、面接対策は万全にしなくてはなりません。面接を受けたことがない人や緊張しやすいという人は身近な人でもいいので面接の形式で話す練習をしたほうがよいです。面接対策は受験する学校ごとに特色があるため細かい対策は過去の面接の情報や予備校などの模擬面接を利用する必要がありますが、どこに面接に行ってもよく聞かれる質問はいくつか存在します。一つ目はなぜ多くの学校の中からこの学校を選んだのか、自分の志望動機を求められます。二つ目は自分のことを面接官に説明する、自己PRです。三つ目は学校で何を学びそれを将来にどのようにつなげるつもりかという、将来の抱負です。これらのことはどの学校でも聞かれる可能性があるためすぐに答えられるように準備しないとその後の質問にも悪影響になります。このうち志望動機と将来の抱負については本やインターネットの情報だけではほかの人と差別しにくくなるため実際にその学校に行って情報を集めるなどして具体的な話を出せるようにしたほうがよいです。他に面接対策としてニュースを見聞きしておくことや学校活動に参加することで話のネタを持つようにいわれます。しかしいくら面接対策として質問の答えを作っておいても想定できなかったことを聞かれることは覚悟しなければなりません。たとえすぐに答えが出せなくても面接官の話をよく聞いて丁寧に返事をすれば面接官も決して悪い印象を抱きません。