発達障害や心の病気のサポートも評判|興学社高等学院で楽しく学ぼう

ピンポイントに学べる

獣医

無駄のない勉強

獣医師の免許を取得すると、動物病院で働く以外にも食品衛生などに関わる公務員、畜産業界の診療や研究者としての道などが選択できます。最近のペットブームで注目を集める獣医ですが、その他にもさまざまなフィールドで活躍できますから、注目度が高いのは当たり前と言えます。さて、獣医になるためには6年間の獣医師養成課程を持つ大学を修了し、国家試験に合格しなければなりません。しかも、現時点で養成課程を持つ大学は全国で20校に満たず、偏差値も受験倍率も高めという特徴があります。つまり、予備校を活用なくして合格することは難しいと言って差し支えありません。特に国立大学を目指す場合には医学部に近い学力が求められますから、ぜひとも、予備校の力を借りておきたいところです。こうした背景の中、獣医学部進学を目指す専門予備校が登場しており、活用する生徒が増えているようです。予備校では、国立大学を目指すコースと私立大学を目指すコースに分けられているのが一般的です。通常、国立大学コースではセンター試験で高得点を取るための勉強と、二次試験対策を実施していきます。一方で、私立大学コースでは各大学の出題傾向をしっかりとひも解き、問題演習も充実させている予備校が多数見られます。このように、獣医学部を専門にする予備校ではピンポイントな指導が行われますから、授業をこなすことで合格する可能性が大きく高まります。一般の進学予備校や医学部向けの予備校と異なり、無駄のない勉強をすることができますから、選ぶ価値が十分にあるでしょう。